キャラクターデザイン・似顔絵・アメコミイラスト制作のマッドブロス

キャラクターデザイン・似顔絵・アメコミイラスト制作のマッドブロスのサイト

イラストレーターのためのハック 似顔絵

こんな風に描いてます!似顔絵の制作行程を一挙公開!

投稿日:2015年3月18日 更新日:

イラストの制作過程をお見せします。

誰得なんだ?という根源的な疑問はさておき、
マッドブロスの現在のイラストの制作行程、レイヤー構造を晒してみようと思います。

最終的な出来上がりは↓のイラストになります。
(当然ですが個人情報のため名前は非表示にしてあります。)

013_fix_structure_of_portrait

普段は見ることのない、マニアックな部分ですが、
「あ〜、こうやって描いてるのね。」って思って頂けたら嬉しいです。

well…それではいってみましょ〜か!

let’s go!
 

何はともあれまずはラフ(下描き)

はい。ラフでございます。
これがないと何も始まりません。

ラフ無しの一発描きの方もいらっしゃると思いますが、
多くの絵描きさんは下描きするのではないでしょうか。

00_structure_of_portrait

ポイントとしてはまず小さく描きます。
最終的な作品のキャンバスのサイズがA4サイズであれば、
それを大体同じ比率で縮めて小さく描きます。

灰色の枠線が実際のサイズです。
それと比べると大体1/4ぐらいで描いているのがわかるかと思います。

とにかくラフはザックリとしたものなので、最初から細部まで描き込まないようにする
ための手法でもあります。
小さく描けば細かい部分まで描けないですからね。
自分に無理矢理にでも描かせないようにする足枷を装着する感じかもしれません。

いきなり大きく描けば時間かかっちゃいますし。

ラフを拡大してレイアウトを決める

小さく描いたラフを拡大します。
↓は小さく描いたものと、それを拡大したものを比較しやすいように両方とも表示させています。

01_structure_of_portrait

拡大するついでに大体でいいので人物のレイアウトも決めてしまいましょう。

清書、ペン入れをしよう!

ラフを拡大してレイアウトを決めたら清書です。
濃い実線で下描きを綺麗に仕上げていきます。

うん。なんかキリッとしましたね!

02_structure_of_portrait

ラフレイヤーを非表示にしてペン入れだけにすると…

ちなみにラフのレイヤーを非表示にしてペンだけを表示するとこんな感じになります。
ラフのザックリとした線や灰色の軽い塗りが消えたので、若干寂しく見えてしましますが問題ありません。

色を塗ればイイ感じに仕上がりますよ。

03_structure_of_portrait

色を塗っていこう!【ベタ塗り編】

ペン入れが済んだら次は色塗りです。
まずは下地になる部分をべた塗りしていきます。

本来であれば肌色、髪、服とレイヤーごとに分ければ後で加工しやすいのですが、今回は時間がなかったのでべた塗りは全て1枚のレイヤーで済ませています。

04_structure_of_portrait

ペン入れのレイヤーを非表示にしてベタ塗りだけ表示すると…

↑ではペン入れ + べた塗りでしたが、そこからペン入れしたレイヤーを非表示にしてみましょう。

それが↓です。

014_fix_structure_of_portrait

下地になるベタはこんな感じです。
出来上がりと比べるとめちゃくちゃシンプルですよね。

レイヤーを追加してベタに影をつける

レイヤーを追加して下地のベタ色よりも濃い色で影を付けていきます。
とりあえずザックリ濃く影を塗っておいてからレイヤーの不透明度をいじって、下地のベタ色と馴染むよう調整すれば効率がいいと思います。

今回、影のレイヤーの不透明度は71%に設定しました。

05_structure_of_portrait

頬や鼻、唇に薄くピンクを入れて人肌っぽさを出そう!

細かくて申し訳ないんですが、これかなり大事です。
↑と↓を見比べて頂ければ一目瞭然だと思うんですが、
頬や鼻、唇にうっすらとピンクを入れることで生き生きとした表情になっていると感じませんか?

06_structure_of_portrait

照れているから頬が赤いのではなく、あくまでも人肌っぽさを強調するためにピンクを入れています。
実際こんなに赤くはないのですが、「人っぽさ」を出すにはこういう細かい部分の表現が大事なのです。

ピンクを入れることで見ている人の脳が「あぁ、人間ぽい」って勝手に判断してくれるんです。それを狙っています。

ハイライト、照り返しを入れる

髪の毛なのにピンク、服にもピンクが塗られているのがわかりますでしょうか?
これは光の照り返しを表現しています。
もちろん別の色でも構わないのですが、せっかくなので注射器の中のピンクの液体と同じ色を使って統一感を出してみました。

髪=茶、服=紺なんですが、とくに違和感なく馴染んでいるかと思います。
主張し過ぎない「差し色」みたいな感じというところでしょうかね。
ナース服のピンクの線とも似た色なのでアリなんじゃないかと思っています。

目の周り、頬、首には白でハイライトを入れました。

07_structure_of_portrait

さらにハイライトを追い込んでいく

めちゃくちゃ気付きにくいですが、よくよく見比べて下さい。

  • 黒目(茶ですが)
  • 鼻頭
  • 下唇
  • 髪の毛
  • 注射器の先端
  • ナース吹くのボタン

などに細かい照り返し、ハイライトを入れました。
簡単に言えば光が当たっている部分です。

細かいですが、これにより立体感が生まれます。

08_structure_of_portrait

文字のレイアウトラフ

「HAPPY BIRTHDAY」の文字をザックリと描いてレイアウト決めします。

010_structure_of_portrait

文字の清書と、ハートマークで装飾を。

「HAPPY BIRTHDAY」の文字をデザインしレイアウト決めします。
モザイク部分はお名前ですので伏せておきます。
大体こんな感じでレイアウトしたという事をわかって頂ければと思います。

また、イラスト全体に奥行感を出したかったので人物の上に白いハートを入れました。

09_structure_of_portrait

背景はシンプルにグラデーションで表現

最後に背景に薄いグラデーションを入れて完成です。
もっと凝った背景を描く事も出来るのですが、
今回はあまりにも時間が無さ過ぎたため最速で出来てしっかりと効果があるグラデーションで表現しました。

ガッツリ背景を描き込んでもいいのですが、
主役はあくまでも人物なので逆にこの方がシンプルでよかったと思っています。

012_fix_structure_of_portrait

お疲れ様でした。最後にもう一度完成イラストを見てみましょう!

長々をお付き合い頂きありがとうございました。
最後にもう一度完成したイラストをご覧下さい。

013_fix_structure_of_portrait

イラスト制作の途中段階をブログで載せることはあまりないのですが、
普段はこんな感じで制作をしております。

似顔絵やウェルカムボードにご興味を持たれた方は是非お問い合わせフォームからメッセージ頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

オマケ:レイヤー構造はこんな感じ。

015_fix_structure_of_portrait

オマケでレイヤーのウィンドウを載せておきます。
これぐらいのレイヤー数は少ない方で、
ガッツリ背景を入れる場合はさらに膨大な数のレイヤーが増えていきます。

とりあえずはこんな感じですかね。
それではまた!

Google ad

Google ad

-イラストレーターのためのハック, 似顔絵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お子様の似顔絵のお仕事をさせて頂きました。

お子様の1歳の記念日用に似顔絵を描かせて頂きました。 「ありふれたの似顔絵にならないようにしたい」とゆう強い想いを叶えるためマッドブロスにご依頼がありました。 ウェルカムボードも誕生日用の記念の似顔絵 …

ぼくがかんがえたさいきょうのつくえ。

プロのイラストレーターである僕が考える最強の机を公開します。