キャラクターデザイン・似顔絵・アメコミイラスト制作のマッドブロスのサイト

キャラクターデザイン・似顔絵・アメコミイラスト制作のマッドブロスのサイト

お仕事実績

【ファンアート】Twitterのbot「あぷりこぼっと」が面白かったのでキャラデザさせてもらった。

投稿日:

あぷりこぼっとのキャラクターデザインをさせて頂きました。

apricotonjp_header

いつも面白いお題を振って頂いているクライアントさんがいらっしゃいます。
そのクライアントさんのTwitterアカウントから自動的にツイートを吸い出し、それをごちゃまぜにしてツイートするあぷりこぼっと」という存在を教えて頂きました。

さっそくフォローしてみたのですが、これが見事にごった煮状態で面白い!
普通っぽいツイートのように見えるけど、
よくよく読んでみるととにかく文章めちゃくちゃwww

例えば…

こういうのとか↓

こんなのとか↓

あとこんなのとか↓

ね?めちゃくちゃでしょ?www
まさにカオス!www

でも僕これすごく好きです。
普通、言葉って理解してもらえるようにしっかり順序よく組み立てて考えるじゃないですか。

でもあぷりこぼっとはそんな常識をぶっ飛ばして「なんじゃこりゃwww」みたいな自由で面白いツイートをするんです。
理解してもらおうなんて最初から微塵も考えてないというか、ランダムに生成された言葉遊びを楽しむものなのだと思うのです。

めちゃくちゃなんだけど、だからこそそれが面白い。

どこか現代アートに通じるものを感じます。

というわけで?面白そうだったのであぷりこぼっとのキャラデザやらせて頂きました。

はい。単純に面白そうだったので今回は【ファンアート】という形であぷりこぼっとのキャラデザをさせて頂きました。
ただし、キャラデザとは言っても既にオリジナルキャラは完成されています。
とても可愛いです。

ですので今回はそこからさらに発展させるような形でデザインさせて頂きました。
それがこちら↓です。

あぷりこぼっと

いきなりですがこちらが完成したあぷりこぼっとのメインイラストになります。

apriboton_character-design

まず、あぷりこぼっとのツイートのハチャメチャ感を表現するために頭身をガッツリ下げました。

子供ってめちゃくちゃなこと言ったりするじゃないですか。
そのめちゃくちゃな事を言う子供とあぷりこぼっとって共通点があるんじゃないかと。

そんなイメージでラフを膨らませていく間に幼稚園児になっておりました。
拙さをストレートに表現出来たキャラクターデザインになったのではないかと思っています。

それとすごく細かい部分なのですが、線画の部分をよく見て下さい。
あえて少しラフな輪郭にしています。
これもキャラクターの「やんちゃっぽさ」を表現するためにあえてこうしています。
決して震える手で描いたわけではありませんwww
(手振れ補正機能がついているソフトで描いているのにわざとラフさを強調するという謎な描き方をしてみましたwww)

全くブレの無い綺麗な線だからキャラクターが魅力的になるとは思っていません。

表情や小物類も使ってぶっ飛んでる感を強調する

expression_apriboton_character-design

表情、というか主に目と眉毛なんですが、白目で無表情な感じがbotっぽくていいんじゃないかなと。
ヨダレだらだらの飴や継ぎ接ぎだらけのウサギの縫いぐるみとかもそういう雰囲気を狙っています。

ただ、やっぱり可愛さは必要不可欠なのでその辺りはギリギリのラインで気を付けています。
完全に変じゃダメなのです。

そしてこれはあくまでもメインイメージのイラストなので、
他の表情では白目じゃなくてちゃんと黒目のものも出てきたりします。
その表情、動きなどの展開は下の文章で説明します。

表情や動き、パロディーネタを使ってキャラクターの個性を豊かにしよう!

↑の方で載せたイラストでキャラクターデザインは完成しているのですが、
せっかくなのでアニメや映画などの設定資料本のような感じで展開をしていきましょう。

それが下の画像になります。

apriboton_character-reference

まず正面、横、後ろは必須です。
これが基本形になるので無いと何も始まりません。

その他は、

・お腹からあぷりこぼっとよりも大きいミサイルが発射されているイラスト。(内部に四次元空間でもあるのか?w)

・あぷりこぼっとの頭のパーツが吹っ飛んでる(ロボットだからアリだろw)

・右端に小学生Verがいたり(育つの?w)

・脚なしの◯◯◯グがいたり(あんなの飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ)

・エ◯◯◯◯◯◯ン的なのがいたり

・◯い男的なのがいたり

・スー◯◯◯◯◯◯大戦の戦闘シーンがあったり

・◯◯◯マン風あぷりこぼっとがいたり

・怒ったり泣いたり照れたりしているあぷりこぼっとがいたり

と、色々展開してみました。

ややパロディーネタ多いですがwww
まぁあくまでも【ファンアート】なので思いっきり遊んでみましたwww

最近だとアニメの銀魂や、同じくアニメで大ヒット中の妖怪ウォッチで
堂々とパロディーネタが使用されています。

今回の制作物はタイトルの通り【ファンアート】ですし、あぷりこぼっとも個人制作の非営利のbotですからその辺りはネタとして笑ってやってください。(震え声)

ツッコミどころが多い設定資料イラストですが、こういうのは大胆で自由でなければ意味がないと考えています。
理屈で考え過ぎて頭でっかちになると面白いアイディアは生まれません。

遊び心を持ちながら、楽しみながら制作した方が絶対に良いクリエイティブが出来ます。
「こうでなければいけない」みたいな制約は最低限に納めておいた方がいいと思うのです。

せっかくなので身長差がわかる設定資料も描いてみた。

メインイラスト、正面、横、後ろ姿は描きました。
パロディーネタ含め動きや表情のあるイラストもです。

さてここでさらに説得力を出すために他のキャラクターと並べて身長差がどれぐらいあるのかも決めておきましょう。

そしてこの設定資料はまた別の作品でも活かされてくるのです。(それはまた別のエントリーにて。)

apriboton_difference-of-heights

はい。上の画像がその身長差の設定資料画像です。
こうして他のキャラと並べて見るとあぷりこぼっとの小ささが客観的にわかりますね。

アイディアを出す際の「自由さ」も必要ですが、デザインしたキャラクターを展開して世界観を広げるには、こうしてしっかりと身長や体格差を出しておいて損はありません。

キャラクターデザイン、コンセプトアートは楽しい!

character-design-tanoshii

はい、というわけで今回は【ファンアート】として制作させて頂いたあぷりこぼっとについて色々と文章に起こしてみました。

いやーそれにしても「あぷりこぼっと」のデザイン、とても楽しかったです。
【ファンアート】ではありますが、手抜き無しで今出来る事を精一杯ガッツリやりましたのでその分得るもの多く、成長出来たと実感しています。

マッドブロスではこのような形でキャラクターデザインやコンセプトアートを制作することが可能です。
業界関係者様でもしご興味がございましたらお問い合わせフォームからご連絡頂ければと思います。(切実)

最後に、今回キャラクターデザインをしたあぷりこぼっと、ハチャメチャで面白いbotですのでよかったらフォローしてみてください。
もしかしたら殺伐とした状態のタイムラインにわけわかんないツイートが急に表示されて笑って癒されるかもしれませんwww

以上、【ファンアート】としてキャラクターデザインをしてみた!というエントリーでした!
ではまた!

-お仕事実績
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

食虫植物のアメコミイラストのお仕事。

お仕事で食中植物のイラストを描かせて頂きました。 ダークな雰囲気のとてもカッコイイイラストに仕上がりました。 筆で描いたようなロゴもうまく描けたと思っています。 以前のお仕事実績はこちらをクリックして …

イラストを2点制作しました。

  ATSUSHIを指名いただきイラストを2点制作させていただきました。 壁紙にしたり印刷したりするそうです。   イラスト制作にご興味ある方はこちらのフォームからどうぞ。 [contact-form …

オリジナルデザインの一点物のロゴワッペンを縫いつけたスペシャルカスタム仕様のメッセンジャーバッグを制作しました。

LARS KJ004をオリジナルデザインのワッペンでカスタムしました。 かなり時間がかかってしまいましたがとても良い出来だと思っています。 デザインを実物に落としこむのは本当に楽しいです。 ワッペンな …

no image

衝動オーケストラフライヤーデザインのお仕事

2007年5月12日に吉祥寺WARPで開催されたイベントチームuinさんの企画 「衝動オーケストラVol.2〜treasury〜」のフライヤーデザインを担当させていただきました。 出演バンドは sou …

集英社様 nonno11月号「アラシブンノニ」で嵐の松本潤さん、二宮和也さんをアメコミタッチで3ページ描かせて頂きました!マンガノアラシ

嵐の松本潤さんと二宮和也さんをアメコミタッチで3ページ描かせて頂きました。 2014年9月20日本日発売! 桐谷美玲さんが表紙の集英社様 nonno11月号の7〜9P「アラシブンノニ」で 嵐の松本潤さ …