キャラクターデザイン・似顔絵・アメコミイラスト制作のマッドブロスのサイト

キャラクターデザイン・似顔絵・アメコミイラスト制作のマッドブロスのサイト

日記

手帳を買った

投稿日:

三日坊主が手帳買った

手帳を買いました。
去年末に届いて年明けから使いたかったんだけど色々考え過ぎてたら開けられなくなっちゃって結局7日ですよ開封したの。
近しい人にはなぜ開けなかったのかそのうち意味がわかると思います。
いや、謎のまま終わらせるかも?

手帳、結構高かった

あえて写真もメーカー名も何も載せませんが結構高かったです。
6,000円以上したかな?

完全にノリで買ったんですが案の定予定なんかないんですよね、僕。笑
本当は毎週末遊び呆けてたいんですがそうもいかなくて。。。
(あっ、でも今週末は女の子と3人で鎌倉行きます!)←リア充アピール

とりあえず予定書いたのそれぐらい。

予定がないので日記帳にしようと思う

うん。飲み会もないし、食事会もないし、パーティーもないです。なのでスケジュールを書くのは諦めました。
日記を書いていこうと思います。

「それならこのブログでいいじゃん」ってことになるんですが、ブログだとGoogle先生の視線を感じて「最低1,000文字ぐらいは書かないきゃスパム判定くらう…」みたいな義務感が生まれてきちゃうんですよ。

だからもう一箇所、手軽に文章を書ける場所が欲しかった。

手帳の内容はあまり感情を込めず日々を淡々と綴ろうかと

手帳に書く内容は本当にどうでもいいこととかにしたいと思っています。
「寝起きが悪かった」とか、「寒いからブーツを履いた」とか、電車の中での男子小学生のアホっぽい会話とか。

どうでもいいこと。
ただ、日々を淡々と。

相当な事がない限り感情を込めるのは避けたいです。
それやっちゃうとキリがないしただ消耗するだけなんじゃないかと思って。

書くことは山ほどあるんです。
まぁ時間が許す限りですが。。。
(これが厄介で、書くために何かの時間を削らなければならないのがなー…)

webではなくあえてアナログで

「別で日記書いてる」とか言うとネットに詳しい人にはすぐバレちゃうんですよね。

だからあえてアナログで。
電車移動の時に書くとあっという間に目的地に着いちゃうぐらい集中出来る。

やっぱり自分は文章を書くのが好きなんだなと実感しました。
他人様には価値がない言葉でも僕には結構面白いものだから。
自分が楽しいならそれでいいかと。

去年は本当に色々あり過ぎて疲れました。
やめておけばいいのに人を救おうとしたり、手助けしようとしたり….
でも振り返ってみると僕は何の役にも立てなかったしただ相手と自分を傷付けただけだったように思います。
一番いいのは離れること、忘れること、
そして何も考えないことだと悟りました。

迷惑をかけた沢山の人に申し訳ない思いを感じつつ、それさえも忘れることにします。
もう飽きたよ。

今年はそういうのは無いと思うんですが、やっぱりちょっと不安になったりもする。
っていうか既にそういう事案が発生してたりして….
ははは….他人はコントロール出来なからな….

僕は逃げます。笑

そんな状況だからこそ何気ない日常を書き留め、足元だけを見て一歩ずつ前に進んで行きたいんですよ。

淡々と、平凡な毎日を、のらりくらり。
一人孤独に。

ね。

-日記
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイムパーク

こうゆうのに目がない。

no image

手描き正方形額イラスト “BOOTLEG/海賊版” Trooper CHICKEN/トルーパーチキンくん デザインフェスタVol.31 デザフェス31

デザインフェスタVol.31に向けて僕らMADBROSが選んだ作品のテーマはずばり… 「BOOTLEG」 そう。 つまり”海賊版”です。 細かい説明は後回しにして、 …

no image

CAFE INDEPENDANTS / カフェアンデパンダン

先月の京都旅行で訪れたcafe indepandantsの写真をなんとなく。 食べ物の写真って難しいですね。 7年前のカメラ(EOS KISS DIGITAL N)なので高感度に弱く、ノイズが多くて嫌 …

一緒に居たい人と一緒に居たい

日本語がおかしいです。笑 でも本当に純粋にそう思う。 僕は一緒に居たい人と一緒に居たいです。 お互いを大事に思い支え合える仲間。 無理して合わせたり、いいね集めのため、暇潰しのために誰かと会うほど人生 …

no image

everything has gone.

全ていってしまった。 全ては過ぎ去ってしまった。 僕は良い意味で変わった。 人生に生きがいを見つけた。 そして友を尊び、ひたすら夢を追いかけてる。 毎日毎日ただ足元だけを見て一歩ずつ着実に前進し続けて …