キャラクターデザイン・似顔絵・アメコミイラスト制作のマッドブロス

キャラクターデザイン・似顔絵・アメコミイラスト制作のマッドブロスのサイト

可能性 日記

現実的過ぎる考えが可能性さえ葬り去る

投稿日:

僕は現実だけではなく、その先にある可能性も見ている。

sunset

僕は現実だけではなく、その先にある可能性も見ている。
 
だからこそ「今を生きる」

これまで幾度となく投げつけられた理不尽な言葉達。

「こんな作品じゃ無理だ」

「もっと現実を見た方がいいよ。笑」

「夢は呪いだよ」
 
 

…………….
……….
….
 
 
そうかな?
 

 

僕はこの目でしっかりと現実を見てる。ただし…

bus-stop

僕は現実を見てる。しっかりとこの目で。
だから動く。
日々悩み、葛藤しながらもベストを尽くす。
物事をより良い方向へ導くために。
そういう裏でしてる現実的な努力を人は見もせずに

「現実を見たら?笑」

そういう言葉を投げつけてくる。

僕らが世に出した作品を購入して下さった方にさえそうした事を言われてしまう。
その度に心は傷付くけど、それと同時に僕らは自分達の中に眠る「可能性」を加速させる。
その点では感謝しなければいけないのかもしれない。
ありがとう。

タイトルに「現実的過ぎる考え」と書いたけど、それもちょっと違うのかも?
現実的すぎるんじゃなくて何か別の視点で物事を考えているのかもしれない….
答えは出ない。

ただ言えるのは、「優しさ」や「可能性」、そしてそれを持つ者に宿る「強さ」。
それらを見ていないんだと思う。見えないんだと思う。
見ようともせず否定するんだと思う。

僕らは見てるよ。
みんなと同じように現在(いま)のこの厳しい現実を。
嫌ってぐらいしっかりと。この目で。

 
 
でも少し違う点もある。
見ているのは現実だけじゃない。

その先にある「可能性」も見据えている。

見ないんじゃなくて見えないのかもしれない?

daibut

僕らの現実的な考え、どうやったら生き残れるか?、どうしたら前に進めるか?

そういう裏の努力は見えやしない。
それは仕方ないのかもしれない。

いや、見えないんじゃない。
見ようとしていないだけなのかもしれない。

人の立場になって物事を考えず、ただただ
「そんなものは現実的な考えじゃないから。笑」
と言い続ける。

見えないんじゃなくて見ようとしていないだけ。

いや…まだ何かちょっと違うな…
「人を、人の持つ可能性」を見るための想像力や優しさが欠けているのかもしれない。

目の前で起きた事しか見ていない。
だからこれまで何度も「手のひら返し」をされてきた。

「そんなの現実的じゃない。笑」と言っていた人が180度ころっと変わって
「すごいね!雑誌に作品が載ったんだね!」
 
 

…………….
……….
….
 
 
ちょっと待って欲しい。
「そんなの現実的じゃない。笑」と言い放ったのはあなたじゃないか。

僕らに秘められていた可能性を否定し、「現実的じゃない。笑」という言葉を投げつけて理不尽に僕らを、いや他の人達さえもを傷付けてきた。
そういった事が世の中にはたくさんある。

特に「子供の可能性を殺すのは大人」であると僕は思う。
お父さんお母さん、目の前だけを見るのではなく、
子供達一人一人が持つ可能性を大事にしてあげてください。
守ってあげてください。

僕は大人や先生に可能性を否定された事が何度かありました。
「そんなの無理」、「やめた方がいい」、「そんな考えじゃ生きていけない。」

先生、僕は生きてますよ。

これは他でもない自分へ宛てた文章

station-platform

2014年も残すところあとわずか。
後半、暗いトンネルの中でもがき続けてた。
けどちょうど良いタイミングでチャンスが回ってきた。
僕の心はゆれてる。

このまま行こう。
今まで積み重ねてきたものを信じて。
自分を信じて。

そして可能性を信じて。

まだまだ行ける!

Google ad

Google ad

-可能性, 日記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

FEWMANY AWARD2009の展示とWeb投票が始まりました

KATSUです。 8/10(月)〜8/16(日)まで開催中のFEWMANY AWARD2009の全応募作品がFEWMANYのサイトにUPされています。 今回僕はこのためにまったく新しいキャラを考えまし …

no image

るるぶ大田区

るるぶが大田区特集 \( ^o^)/うわーい 本屋さんへいそげっ┌(^o^)┘ずだだだだ

no image

EF 24-70mm F2.8L USMをレンタルしてみました。

EF 24-70mm F2.8L USMをレンタルしてみました。 レンズ単体で950gは想像以上に重かったです。 II型の発売が遅れていますが欲しいなぁ… 写真は全てEOS 7Dで撮影後に …

「怒り」について考えてみる。

子供時代、僕はかなりの気分屋で癇癪持ちでした。 ほんのちょっとしたことで怒りを爆発させては親や兄弟、先生、友達など周りの人間をしょっちゅう困らせていました。

no image

「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差でない」のは確かなんだけど、それでもグレイスカルピーがやべえなってゆう。

高価な道具やハイスペックな機材に頼ったところでそれを操る人の能力が低ければ意味は無い。 たしかにそれもあるんだけど、だからと言って完全ににそうだとも限らない。 だって道具や機材の力に救われている部分だ …