キャラクターデザイン・似顔絵・アメコミイラスト制作のマッドブロスのサイト

キャラクターデザイン・似顔絵・アメコミイラスト制作のマッドブロスのサイト

日記

時間泥棒に時間を奪われながらそれでも今を生きる。

投稿日:

ミヒャエルエンデのモモを読んだことがありますか?
内容は…

momo_michael-ende

wikipediaより抜粋
イタリア・ローマを思わせるとある街に現れた「時間貯蓄銀行」と称する灰色の男たちによって人々から時間が盗まれてしまい、皆の心から余裕が消えてしまう。しかし貧しくとも友人の話に耳を傾け、その人自身をとりもどさせてくれる不思議な力を持つ少女モモが、冒険のなかで奪われた時間を取り戻すというストーリー。

傑作中の傑作と言う人も多く絶大な人気と高い評価を得ています。
児童書なのですがむしろ大人が読むべき本だと思います。
この本を読んで僕の人生観は大きく変わりました。
効率を優先し、仕事に追われ「忙しい忙しい」と言っていた自分はまさに時間泥棒に時間を奪われていたのだと気付きました。

その時は。です。
今は少し違います。

素晴らしい内容で本当に大切なことは何かを教えてくれる本であることは間違いありません。

でも、でもです….
現代社会では「そうも言ってられない」とゆう場面が多々あるのです。
この本の通りになったらどれだけ素晴らしいだろうと心から思います。

しかし世の中の人全員がそうではないわけです。
結局「偉い人達」が上に立ち、そうでない人との貧富の差は開く一方です。

努力で解決できればいいのですが、お金はお金持ちのところに集まる仕組みは崩れることはないでしょうし、そうなると子供の教育にもどうしようもない差が生まれます。
そしてその子供達が成長すれば「偉い人達」になり、またそこへお金が集まり、、、
まぁお金が全てではありませんが。
でもお金があれば時間に追われない余裕のある暮らしが出来ることも確かです。
無ければこの競争社会の時代を「忙しい忙しい」と言いながらそこに時間を費やすしかないのかもしれません。

キリがないですが、とにかくエンデが描く理想に辿り着くには大きな大きな「壁」があることは否定できません。
世界中の人が「いっせーのーせっ!」で変わらない限り無理なのかもしれません。

どうしたらいいか、答えは出ませんが出来る範囲で時間を大切にしようとするしかないのかもですね。。。

本当に面白い本なので興味があれば古本屋さんなどで買って読んでみてください。

-日記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

土下座寝コ

これ。笑笑笑 「犬派ですか?猫派ですか?」とたまに聞かれるんですが両方好きです。 決められません。 幼少時代、父方の祖父母と二世帯(一階と二階で)だったんですが、 祖父母宅で犬1匹、猫2匹を飼ってて、 …

【絶句】インターステラーが壮絶な映画だった。

観ていて開いた口が塞がらない。鳥肌立ちっぱなしの映画。それがインターステラー。 インターステラーを観てきました。 凄い…凄すぎる…

no image

MADBROSピスト部、始動

さぁ、ペダル踏むぜ!!

no image

プリクラ Purikura

プリクラを撮ったらおもしろいことになりました。 こんなに目大きくない。笑

「怒り」について考えてみる。

子供時代、僕はかなりの気分屋で癇癪持ちでした。 ほんのちょっとしたことで怒りを爆発させては親や兄弟、先生、友達など周りの人間をしょっちゅう困らせていました。