キャラクターデザイン・似顔絵・アメコミイラスト制作のマッドブロスのサイト

キャラクターデザイン・似顔絵・アメコミイラスト制作のマッドブロスのサイト

日記

時間泥棒に時間を奪われながらそれでも今を生きる。

投稿日:

ミヒャエルエンデのモモを読んだことがありますか?
内容は…

momo_michael-ende

wikipediaより抜粋
イタリア・ローマを思わせるとある街に現れた「時間貯蓄銀行」と称する灰色の男たちによって人々から時間が盗まれてしまい、皆の心から余裕が消えてしまう。しかし貧しくとも友人の話に耳を傾け、その人自身をとりもどさせてくれる不思議な力を持つ少女モモが、冒険のなかで奪われた時間を取り戻すというストーリー。

傑作中の傑作と言う人も多く絶大な人気と高い評価を得ています。
児童書なのですがむしろ大人が読むべき本だと思います。
この本を読んで僕の人生観は大きく変わりました。
効率を優先し、仕事に追われ「忙しい忙しい」と言っていた自分はまさに時間泥棒に時間を奪われていたのだと気付きました。

その時は。です。
今は少し違います。

素晴らしい内容で本当に大切なことは何かを教えてくれる本であることは間違いありません。

でも、でもです….
現代社会では「そうも言ってられない」とゆう場面が多々あるのです。
この本の通りになったらどれだけ素晴らしいだろうと心から思います。

しかし世の中の人全員がそうではないわけです。
結局「偉い人達」が上に立ち、そうでない人との貧富の差は開く一方です。

努力で解決できればいいのですが、お金はお金持ちのところに集まる仕組みは崩れることはないでしょうし、そうなると子供の教育にもどうしようもない差が生まれます。
そしてその子供達が成長すれば「偉い人達」になり、またそこへお金が集まり、、、
まぁお金が全てではありませんが。
でもお金があれば時間に追われない余裕のある暮らしが出来ることも確かです。
無ければこの競争社会の時代を「忙しい忙しい」と言いながらそこに時間を費やすしかないのかもしれません。

キリがないですが、とにかくエンデが描く理想に辿り着くには大きな大きな「壁」があることは否定できません。
世界中の人が「いっせーのーせっ!」で変わらない限り無理なのかもしれません。

どうしたらいいか、答えは出ませんが出来る範囲で時間を大切にしようとするしかないのかもですね。。。

本当に面白い本なので興味があれば古本屋さんなどで買って読んでみてください。

-日記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ROOTOTE(ルートート) Mickey&Minnie(ミッキー&ミニー)の おでかけ写真

僕たちがデザインしたROOTOTEの実物を頂いたので早速写真を撮ってみました。 お天気の良い日にぜひお散歩に連れて行ってあげてくださいね。 第3回 ROOTOTE 「The Artists Who L …

バイクベイダー/BIKE VADOR

地元の矢口渡(「矢切の渡し」じゃないです)でブッ飛んでるバイクと遭遇したのでパチリ。     どうやら最近OPENしたカフェレストランdotecafeさんのバイクみたい。 このセンス素晴らしいですね。 …

no image

遊び相手

末の弟と半分本気で追いかけっこと甘噛みっこをします。 最近は飛び蹴りと踏み付けも覚えてしまったらしくとにかく大暴れ。 でもちゃんと「いたいよー」って伝えるとすぐにやめてくれます。 遊んでもらってるのは …

no image

max総集編(Late2010)

2010年ももう終わろうかとゆう時に彗星のごとく現れたmaxくん。 赤い彗星よろしく、うちの黒い彗星も3倍早く動きまわり、また写真の枚数が増えるのも3倍早いです。 2011も色々な表情を見せてくれるこ …

no image

WINTER MARKET@台東デザイナーズビレッジに行ってきました。

今日は台東区にあるデザイナーズビレッジで開催されたWINTER MARKETに遊びに行ってきました。 お目当ては大好きなキャラクターのUAMOUです。 ずっと読みたかった絵本やフォーチュンキャットベイ …